ニキビを悪化させるアクネ菌

ニキビは10代以降に大抵の人が経験する皮膚の疾患ですが、知っているようで知らないこともたくさんあります。知識をたくわえてニキビをやっつけましょう!

ニキビを悪化させる原因になるアクネ菌とは、一体どんな菌なのでしょうか?

ilm09_bc01006-s.gif

皮脂や垢が毛穴にたまり、詰まってしまうと黒ニキビや白ニキビになってしまいますが、その黒ニキビや白ニキビがアクネ菌によって炎症を起こしてしまうと、赤ニキビになってしまいます。

アクネ菌は特別な人にしかいない、ニキビができやすい人にしかいないというわけではなく、誰の肌にでもいる常在菌で、ブドウ球菌とならんで肌には一番多く存在している菌です。

皮膚のどこにでも均一に存在しているというわけではなく、体でも皮脂が多い部分である顔や胸や背中などに多く存在しています。つまり、逆に考えると顔や胸、背中というのはニキビができやすい場所というわけです。

ではどうやってアクネ菌は、ニキビと関連しているのでしょうか。アクネ菌は、脂肪を好み空気を嫌うという性質があります。ですから、毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまった状態というのは、アクネ菌にとっては天国のような状態となります。

天国のような状態で、アクネ菌が活動を活発化すると、アクネ菌が作った酸素によって、毛穴に詰まっている皮脂や垢汚れは酸化してしまいます。酸化してしまうことによって、人間の肌は炎症を起こして、ひいては膿を持つようになってしまいます。こうなった状態が赤ニキビとよばれるものです。

edit

大人ニキビに悩んでいるなら販売が2500万本以上という大きな販売実績があり、有名メーカーが作っているコスメを使ってみるのはよい選択です。⇒⇒⇒1,200円で試してみるならコチラ