ニキビの後遺症

ニキビは10代以降に大抵の人が経験する皮膚の疾患ですが、知っているようで知らないこともたくさんあります。知識をたくわえてニキビをやっつけましょう!

ニキビができても、後々クレーターのような跡が残ってしまう人とそうでない人がいます。この違いはどこから来るのでしょうか?

frt041-s.jpg

ニキビも最初から皆がニキビと聞いて想像する赤ニキビになるわけではなく、黒ニキビ・白ニキビから赤ニキビへと移行します。ニキビの跡が残ってしまうのは、多くの場合、赤ニキビまで移行した場合です。つまり、ニキビができてしまったとしても黒ニキビや白ニキビの状態できちんと治しておけば、みかんの表面のような凸凹肌は防げる可能性が大きいということです。

一旦、ニキビの跡ができてしまうと一生付き合っていくことになる可能性が大きくなってしまいます。自然治癒力で治ってしまうのではないかと考える方がいらっしゃるかもしれませんが、ニキビ跡というのは皮膚組織が破壊されてしまった状態なのです。ですので、破壊されたものは簡単には元にもどらないというわけです。

また、ニキビ跡はクレーターのようになってしまうばかりか、色素が沈着してしまった状態、いわゆるお肌のシミになってしまう場合があります。シミができてしまうのは、なにもニキビだけが原因ではありませんが、肌にできるシミは肌にダメージを負ってしまうとできやすくなってしまいます。

edit

大人ニキビに悩んでいるなら販売が2500万本以上という大きな販売実績があり、有名メーカーが作っているコスメを使ってみるのはよい選択です。⇒⇒⇒1,200円で試してみるならコチラ